ソーシャルレンディングとは新しい投資の形

ソーシャルレンディングとはクラウドファンディングの種類の一つで、お金を貸して欲しい人、投資したい人、この2人の関係を、インターネット上で繋げてくれる仲介サービスと言えます。投資言うと、投資信託をお考えがちですが、新しい投資の形としてこの分野は注目されています。

名前としては、貸付クラウドファンディングとも呼ばれています。クラウドファンディングの中には資金を出して、見返りには何か特典を得たり、商品をもらったりとしますが、このサービスは金利として投資をした方に返ってきます。

銀行の普通口座に預けると、1%も満たない金利で返ってきますが、このサービスにおいては普通金利以上で2~10%ほど金利がついて返ってきます。しかし、投資と言う形なので、担保や保証のない案件に投資をし、貸し倒れが生じた時は投資元金が戻ってこないリスクがあります。

みんなのクレジット

総合評価 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★
満足度 ★★★★
掲載情報量 ★★★★★
サービス内容 ★★★★★
公式サイトはコチラ

ソーシャルレンディングとして様々な仲介業者が現われる中の一つで「みんなのクレジット」もその中に一つの業者として現われました。ソーシャルレンディングは貸したい側と借りたい側の仲介をする業者で、新しい投資の形として注目されています。

「みんなのクレジット」のメリットとしては、少額・短期での資産運用が可能であるため、10万円以下の少額から投資が可能です。運用期間が短く、3ヶ月~1年程度が中心になるために、短期で決済したい方にはマッチする業者とも言えます。

融資の対象とする案件として、事業性資金を中心にしています。事業の収益性や企業の業績・財務状況などを見て、審査をクリアした投資案件だけ募集スタートなっており、とても安心できます。成約手数料、各種事務手数料も不要であるために、貸す側方からしてみると負担のない投資の形と言えます。

マネオ

総合評価 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★
満足度 ★★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス内容 ★★★★★
公式サイトはコチラ

ソーシャルレンディングの老舗としてマネオは有名です。まずこのサービスはお金を借りたい人、貸したい人をマッチングするサービスです。2008年10月に日本で最初にサービスを提供しました。今年で8周年を迎えました。

マネオのメリットとして5つのメリットがあります。まず資金が役立っています。自分が投資した案件に対してどのように使われるのか、どのように役立つのかを明記しています。そして少額かつ短期での資産運用が可能です。安全性を最優先とした投資商品で、少額でも投資が可能と言われています。

分散投資としてソーシャルレンディングは活用するのもメリットがあります。成約手数料・事務手数料等はゼロです。対象となるのは個人ではなく、事業性資金とされます。事業の収益性や企業の業績、財務状況など審査をクリアした投資案件だけ取り扱っているためにとても安心です。

アクシュ

総合評価 ★★★★
使いやすさ ★★★★
満足度 ★★★★
掲載情報量 ★★★★★
サービス内容 ★★★★
公式サイトはコチラ

アクシュはソーシャルレンディングをして業者の一つとして注目されています。ソーシャルレンディングは新しい投資の形として注目され、複雑な投資商品、変動する世界情勢に、金利の低い銀行預金に庶民は嘆いています。そこで新しい投資の形としてこのサービスが注目されています。

アクシュはすでに何千人もの投資家の期待に応え、様々な投資商品を提供してきました。不動産担保ローンでは日本中の中小企業の方に届け、これから発表とするecoエネルギーファンドにおいては、環境に優しいエネルギー導入の推進を支援していきます。

そして殆どのこのサービス仲介業者は企業を支援するファンドが多いのですが、アクシュに関しては個人で借りたい方に対しても審査が通れば仲介をしてくれると言う仲介業者の中では少ない取り扱いファンド会社としても注目されています。

クラウドバンク

総合評価 ★★★
使いやすさ ★★★★
満足度 ★★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス内容 ★★★
公式サイトはコチラ

ソーシャルレンディングの中でも少額から始められる仲介サービス業者としてクラウドバンクがあります。他の仲介業者はほとんど10万円からと言われていますが、クラウドバンクは1万円からととても簡単に始められる業者として注目されています。

日本クラウド証券が運営するクラウドバンクは、一般個人、少額からでも多くの人が集い集約することにより、これまで小口投資では不可能であった資産を好利回りの投資案件への参加を可能にしました。年利5%はとても魅力のある資産運用です。

融資型クラウドファンディングという、インターネットを活用した新たな個人資産運用方法は、海外の多くの一般ユーザーも活用しており、確実な実績を上げています。急速に注目され利用者が急増しています。インターネットを活用することにより中間コストを削減し、利益を還元しています。

ラッキーバンク

総合評価 ★★★
使いやすさ ★★★
満足度 ★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス内容 ★★★★
公式サイトはコチラ

ソーシャルレンディングと言う新しい投資の形を実現している仲介サービスの中にラッキーバンクもあります。ソーシャルレンディングの特徴して、銀行の普通金利以上にある、高金利です。収益は毎月分配と言うのも魅力的です。

取り扱いファンドは、定期預金(3年)や個人向け国債などよりも高く設定しており、運用期間は最長36ヶ月です。元本は毎月返済型の場合は毎月で、期日一括償還型の場合には、期日に一括償還される予定であるために返金方法を選べるためにとても安心です。

ラッキーバンクは全案件、不動産担保を設定しており、高い保全性が期待されます。国内の不動産事業者向けに不動産を担保とした貸付け事業を行なう事を目的としているファンドなために安心して投資ができます。口座開設や維持手数料、取引手数料はゼロであるために、投資家に対しても安心できるサービスを行なっています。

オーナーズブック

総合評価 ★★★
使いやすさ ★★★★
満足度 ★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス内容 ★★★
公式サイトはコチラ

ソーシャルレンディングとは資金を必要としている人と投資を行いたい人を繋ぐ役割を果たすサービスです。優れたアイデアを持つ人にとっては資金を借りることで、そのアイデアを具現化出来ます。お金を貸す側にも金利収入を得られるメリットがあります。

始め方も特に難しくないので誰でも気軽に始められます。ソーシャルレンディングを始めるにはいくつかの準備しておく物があります。それは本人確認の出来る書類、銀行口座、マイナンバーなどが挙げられます。この中でも肝となってくるのが銀行口座です。普段使用している銀行口座ではなく、インターネットで投資用の口座を開設する必要があります。

オーナーズブックでは不動産のソーシャルレンディングを少額で始められるので注目を集めています。投資家同士で情報交換が出来るので、ファンドの動向をより推測しやすくなります。初めて投資をする方にもぴったりです。

ソーシャルレンディングの経済的役割

ソーシャルレンディングとは、融資を必要とする企業と、投資家をインターネットで結びつけるサービスです。このサービスの特徴はインターネットを活用することです。これは無店舗経営に近い形態ですから、経費が削減できます。経費がかからない分、融資を受ける企業には低金利、投資家には高利回り、という形で利益として分配できます。
融資を必要とする企業は、設立後間もないなど銀行から融資審査に通らない場合だけでなく、必要な資金が少額で銀行からの融資が煩雑であるなどの事情がある場合もあります。
投資先には多くの企業があります。各々の企業にリスクの違いがあります。インターネットで簡単に投資ができるので、金利に目が向きますが、十分に融資先の内容を確認する必要もあるでしょう。
ソーシャルレンディングを投資先にするとき重要なのは、金利だけでなく安全性でもあります。リスクがある仕組みだと理解することが必要でしょう。
安定した利益を得やすい投資先と、高リスクで高リターンのある投資先があります。両者を上手く組み合わせることが重要です。


新しい投資の形となっているソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングは事業資金などを必要としているためお金を借りたい人と貸したい企業をインターネット上で様々な方法で結びつける融資仲介サービスのことを言います。
投資型クラウドファンディングという別名もあり、投資家はネット上でクラウドファンディングの運営会社と契約をして出資を行います。運営会社は、資金を必要としている業者などに出資された資金を貸し付ける仕組みになっています。
最近増えてきた少額の資金を広く集めるクラウドファンディングの手法を用いることで資金を必要としている人に供給することができる新しい投資の方法だと言われています。本来投資は多額の資金を必要としますが、ソーシャルレンディングは比較的少ない金額で行うことができます。
投資にはリスクがつきものですが、ソーシャルレンディングも貸し倒れのリスクはあるようです。しかし、運営会社が回収不能などのトラブルには対処するようになっており、大きなトラブルは発生していないようです。


ソーシャルレンディングで将来のビジネスを育てよう

ベンチャービジネスを立ち上げる起業家は数多く存在しています。新技術を開発したり長年の研究成果をビジネスに結びつけることで、ビジネスを立ち上げるケースなどいろいろあります。
そんなベンチャービジネスを立ち上げるにあたり、障害となってくるのが資金になってくることでしょう。とくに前例がないようなビジネスモデルや市場規模が予測しにくい専門的なビジネスにおいては、なおさら資金を集めるのは困難になってきます。
そこで活用したいのがソーシャルレンディングサービスになります。インターネットを通じて投資を募りますので、広く投資を促すことができます。
またベンチャー起業家を育てようという意思のある投資家も多く参加していますので、有望なビジネスモデルには積極的に投資してくれます。これからの日本を牽引するビジネスを育てることになることでしょう。