トップ > コラム > ソーシャルレンディングとはなんでしょう

ソーシャルレンディングとはなんでしょう

 ソーシャルレンディングと言う言葉を耳にする事があるかも知れませんが、これはどのようなものなのでしょうか。簡単に言うとお金を借りたい方、主に企業などと、投資をしたい方とを仲介するサービスのことで、投資の一環として考えられます。法律的な規制があるため、現在は直接貸し手が借り手にお金を貸すことはせず、投資会社などを通じて、融資をすることが一般的です。もしも利用する場合は、基本的にお金を貸す、融資と言う方法である事を意識しておく必要があります。
融資先を一つ一つ選択をする事は出来ませんが、魅力は大きな利回りが期待できる場合があるという事です。リスクとしては元本割れや、想定した利回りにならない事などがありますが、これは他の多くの投資と同様です。そして融資先を分散させることである程度リスクを抑えることができます。リスクを意識して余裕資金で行うことは言うまでもありませんが、現代社会にマッチした一つの投資方法と言えるでしょう。


ソーシャルレンディングは企業を応援する投資です

 多くのサラリーマンやビジネスマンなどは、給料収入が増えてきていません。景気が低迷している状況のために多くの企業が業績の悪化に苦しんでいるからであり、この傾向はこれからもしばらくは続いていくことが予想されています。そのために少しでも収入を増やそうと、取り組んでいるのが投資活動になります。最近ではサラリーマンをはじめとして主婦や学生などにおいても、投資ブームが巻き起こっています。そんな投資活動のひとつで注目を集めているのが、ソーシャルレンディングサービスです。
インターネット上で投資する人を投資先を結び付けるサービスとなります。このソーシャルレンディングサービスを活用した投資ですと、少額での投資が可能になってきますので初心者にも人気となっています。また中小企業を中心に投資する案件もありますので、こうれからの中小企業を応援する投資とも言えることでしょう。


ソーシャルレンディングとは似て非なるもの

 ソーシャルファイナンスの中には、ソーシャルレンディングとクラウドファンディングも含まれています。後者は多数の投資家からお金を集めるファンディングの手法というのが原義です。前者の場合でも、一人の借り手に対して複数の投資家からの資金を募集するので、その点において違いは実質的にはないということです。しかし、ソーシャルレンディングが利息などの金銭をリターンするのに対し、クラウドファンディングでは非金銭、つまりモノや権利などの特典をリターンする点が異なります。
例えば、映画製作資金調達のためにファンドに投資した時に、その投資額の多寡に応じてさまざまな権利が与えられるのが特徴です。金銭的なインセンティブがない分、役立ち感というのがあるので、社会貢献性はクラウドファンディングのほうが高く、期待リターンはソーシャルレンディングのほうが高いということになります。

次の記事へ