トップ > コラム > ソーシャルレンディングの仕組みと経済効果

ソーシャルレンディングの仕組みと経済効果

 ソーシャルレンディングとは融資を必要とする事業者と投資家を、インターネットを媒体として、資金の需要と供給を調整するサービスです。このソーシャルレンディングを運営する法人等はインターネットを活用することで、無店舗型の事務処理で済むため、経費を低く抑える経営ができます。経費が少ない分、銀行などに比べて融資を必要とする事業者には低金利での融資が可能となります。
 一方、投資家には高利回の配当という形で利益を還元することができます。融資を必要とする事業者とは、創立後間もなくの企業で銀行の融資対象にならない事業者、必要資金が少額で銀行からの融資手続きが煩雑に感じる場合、など様々な場合があります。投資家は、今日の銀行等の低利率などで魅力がある金融商品が少ないので、この仕組みに興味を持つでしょう。さらに、商品によって融資先が明らかになっているので投資先を選択する楽しみもあります。ソーシャルレンディングは経済情勢により注目されている仕組みだと言えるでしょう。


 ソーシャルレンディングは新しい投資手段

 インターネット上でお金を借りたい人とお金を貸したい人を結びつけるマッチングサービが、ソーシャルレンディングです。ソーシャルサービス上で、新規事業者向けの投資案件を募集し、小口投資家の出資金を集約してから融資する仕組みが構築されています。一定の額が集まると満額となり、募集していた案件はクローズとなり、事業者に対して融資が開始されます。大きな金額で融資を実行しますので、有利な利率で配当を得ることができるといったメリットがあります。
 株式やFXなどのように大きな資金を用意することなく、少額で投資を始めることができますので、いくつかのファンドに分散投資することが可能となります。分散投資することで、リスクを低減できて安心です。また、ソーシャルレンディングの取扱い会社は、提供するファンドに対して投資金額に相当する担保設定を行っている場合があります。これにより、貸し倒れによるリスクを回避することができる点も評価できます。


 ソーシャルレンディングでお金を借りましょう

 普通お金を借りる場合は消費者金融や銀行などに申込みを行うのが一般的ですが、ソーシャルレンディングはお金を借りたい人とお金を貸したい投資家を仲介してくれるサービスで、ここ最近注目されています。お金を借りたい人は条件を事前に提示して、その条件を見てお金を貸したい投資家が業者を通して融資する流れになります。
 インターネット上にもソーシャルレンディングの詳しい情報をまとめたサイトが登場していますので、興味がある方は是非自宅のパソコンで情報をチェックしてください。今後ソーシャルレンディングのサービスが更に広まっていくことは間違いありませんので、いざという時に利用できるように、最低限の知識だけは頭に入れておきましょう。もちろん投資家として融資する側にもなることができますので、リスクとリターンのバランスを考えた上で融資するかどうか判断してください。

次の記事へ