トップ > コラム > ソーシャルレンディングの要素とは

ソーシャルレンディングの要素とは

投資をしたい人が日本でもかなり増えています。
そして、その方法としてあるのが、インターネットになります。
最近ではネットを介した投資ができるようになっています。
そして、その中でも新しいタイプの投資がソーシャルレンデイングです。
ソーシャルレンディングはインターネットを使って借りたい人と貸したい人を結びつけるサービスになります。
金融サービスの一種であり、かなり気軽に投資ができるようになっています。
貸す側としては短期的、長期的の資金を得ることができます。
ネットでダイレクトに公募できます。
出資者をかなり簡単に募れるわけです。
貸し手はそこそこ高い利率で貸せることが多く、高い利益率が見込めます。
ソーシャルレンディングといっても、これは融資型とか貸付型と呼ばれているタイプがあります。
どちらのタイプにするのかをよく考えましょう。



ソーシャルレンディングは金利が高目です

新しいタイプの金融としてソーシャルレンディングがあります。
これはネットを活用したかなり直接的に融資をしたり、受けたりすることができる金融サービスになります。
いくつかの型があり、融資型とか貸付型とかあるわけですが、どの方式が最もよいといえるわけではなく、どんな形式でお金を都合するのかによって利益率などが違うだけの話です。
或いは資金援助をする代わりにそのやろうとしているサービスの恩恵を受けるという形で利益を得ることもあります。
何もダイレクトに金利収入を得ることのみが、ソーシャルレンディングの魅力ではないです。
ですが、全般的に言えるのはリスキーな部分があるので、金利でリターンを得るときには高目になっている、という点です。
これもソーシャルレンディングで投資をするメリットの一つになります。
リターンが大きい分には問題はないからです。



ソーシャルレンディングのポイント

これからはソーシャルレンディングによって事業をするときに資金調達にしようとする企業が増えることでしょう。
新しい金融システムであり、簡単に言えばネットで資金の調達、出資ができるようになっています。
但し、このサービスのポイントになるのは、どこの業者が仲介をしているのか、という点になります。
ほぼ直接的に資金を都合しあうことができるわけですが、仲介的な役割を果たすシステムが必要なのは言うまでもないことです。
つまりは、ソーシャルレンディング業者が間に入るわけです。
その業者に実績があるのかどうかから判断するべきでしょう。
とにかく仲介案件があれば出すわけではなく、少なからず精査することになっています。
つまりはリスクが低い案件であるのかどうかはソーシャルレンディング業者が最初に調べるわけです。
そんなやり方をするわけですから業者の良し悪しがとても重要になります。

次の記事へ