トップ > コラム > 新たな投資の形であるソーシャルレンディング

新たな投資の形であるソーシャルレンディング

 ネットの普及により新たなサービスが数多く登場しており、海外で先に注目されていたソーシャルレンディングが日本でもにわかに注目され始めています。
ソーシャルレンディングとは、融資を希望する人と、お金を貸したい人を結ぶマッチングサービスの事で、一般の人同士でお金の借入れが出来るサービスです。
借りる側からすると、金融機関よりも安い金利でお金を借りる事ができ、お金を貸す側からすると、銀行に預けるよりも高い金利で運用出来るメリットがあります。
間に証券会社が入るため、直接個人同士のやりとりではないため、高い安心感を持って利用が出来ます。
しかし、お金を貸す側は、貸したお金がすべて補償される訳ではありませんので、リスクを伴う投資となる点理解しておきましょう。
ソーシャルレンディングは新たな投資サービスとして今後も高い注目を集める事でしょう。



 融資規模の拡大するソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングに関する融資の規模は、年々拡大の一途を辿っているのではないかと認識されています。
多くの分野でこの取り組みが展開されるようになり、融資の規模が少しずつ拡大してきているとされています。
様々な目的に対する融資が図られる状態も見受けられているため、この特徴に拍車が掛けられていると言えるのではないでしょうか。
ここ数年は、積極的にソーシャルレンディングの仕組みを活用する企業や個人が、数多く見受けられているのではないかと考えられています。
そのため、大規模な融資に関しても、以前に比べて容易に希望を公表したり、実際に大型の融資を募ったりすることができるようになってきていると認識されています。
ソーシャルレンディングで大規模な融資を受けられる可能性は、これからも継続的に高くなると見込まれています。



 ネットを活用して展開されるソーシャルレンディング

昨今は、インターネット上でソーシャルレンディングの取り組みが展開される例が、飛躍的に増加してきているのではないかと考えられています。
積極的にネットでこうした方法での融資を呼びかける動きが活性化されてきており、仲介を行う業者でもネットを介したレンディングを推奨することが度々実現されています。
近年多くのエリアでソーシャルレンディングによる融資が実現されていると考えられているものの、融資をスピーディーに展開できる例が高い割合を占めていることが評価されているのではないでしょうか。
インターネットを経由して、この方法での融資が呼び掛けられる情勢は、より高い頻度で見受けられていくことが予想されています。
そのため、ソーシャルレンディングが、より本格的に展開される契機になるのではないかと、多くの分野で期待が示されています。

次の記事へ