トップ > コラム > 最近注目されているソーシャルレンディング

最近注目されているソーシャルレンディング

 ソーシャルレンディングとは、インターネットを利用して、投資家が事業者にお金を貸すことによって配当や利息を受けることができる投資方法です。
別名は貸付型クラウドファンディングとも言われています。
投資家がクラウドファンディングの運営会社と匿名で契約して出資を行い、運営会社が資金を必要としている事業者に対してその資金を貸し付けるという仕組みです。
少額の資金を広く集めるクラウドファンディングの手法を用いることで事業資金などを必要としている人にお金を貸すことができる新しい金融商品となっています。
融資の対象は中小企業などが多くいようです。
運営会社に口座を開設し、投資するファンドを選択し、申し込みを行い入金を済ませると、その後は分配金などを受け取ることができます。
業者によっては、投資金額は最低1万円から始めることができるので、比較的手軽に始められるとして今注目を集めているようです。



 大規模に展開されているソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングの取り組みは、大規模なものとして実施されるケースが増加してきているのではないかと考えられています。
融資を希望する個人や団体が多くなりつつあるため、比較的大規模なやり取りが実施される環境が形成されていると言えるでしょう。
以前よりもこの仕組みが普遍的なものとして知られ始めていることから、ソーシャルレンディングのサービスを利用する形式で、実際に融資を受けられる人が増えることが実例として見受けられています。
全国的な規模で、この特徴が強く見受けられていると推測されており、多くの方面で話題のひとつとしてクローズアップされています。
ソーシャルレンディングが大規模に展開される傾向は、これからも複数の実例で見受けられていくのではないかと予測されていることから、この仕組みの活用が期待されています。



 多くの事例が発生するソーシャルレンディング

近頃では、ソーシャルレンディングに関する事例が、様々なところで生じてきているのではないかと考えられています。
積極的にこの取り組みが行われ、融資を受けられる人や企業が増加の一途を辿っていると捉えられています。
目的に応じて融資の受けられる機会が増加するとも考えられていることから、実例が増加することは好意的に捉えられているのではないでしょうか。
様々な分野において、ソーシャルレンディングのやり取りや取引が成立するケースが増加しつつあるため、この情勢が確立されています。
こうした融資の在り方が浸透することに伴い、ソーシャルレンディングの実例は更に増加していくのではないかと見込まれています。
今後幅広い目的に対して、この融資の手法が取り入れられていくと予測されていることから、より一層の実例の増加が想定されています。

次の記事へ